宮大工の作る家 施工事例8

軸組工法の最大の特徴は、しっかりとした構造体を作り上げることで柱で強度を確保し、壁や天井を自由に設計することが可能な点が挙げられます。

パネル工法では実現が難しかった全面が窓になった光あふれる住宅や、吹き抜けの天井。

構造体をあえて露出させるデザイン設計などは当社が最も得意とする建築です。

古来、社寺においては扉を開け放ち、外からも本尊が拝めるような建築が主流でした。

宮大工の作る木造軸組み工法は、古来より受け継がれてきた社寺の建築技法を一般住宅にも取り入れた開放感のある住宅です。

自然の採光を最大限に活かし、自然素材の香りに包まれて過ごす空間は

圧倒的な存在感を醸し出します。

薪ストーブや暖炉など、自然の気密性を確保することができる木造軸組みならではの意匠も人気です。